茶葉は青茶が種ですが、南投県埔里や日月潭、花蓮県の鶴崗一帯では紅茶も栽培されています。近年人気の高い「高山茶」は、特定の品種を指すのではなく、海抜1,000~1,500mの山中で栽培された茶葉をいいます。山中は昼夜の温度差が大きいうえ、湿度も高く、霧が濃いため、阿里山の「珠露茶」や玉山烏龍茶のような品質のよい茶葉が生れました。

南投県鹿谷郷が主な産地で、台湾茶の最高峰に称えられています。製茶の過程で「茶葉を揉む」作業があり、透明感のある黄金色の茶水や深い香り、余韻のある甘みが特徴です。

「東方美人茶」や「椪風茶」という名でも呼ばれている烏龍茶の極上品。世界で新竹県の北埔と峨眉、苗栗県の頭屋や頭イ分でしか栽培されておらず、青心大有や青心烏龍の若芽をウンカという昆虫がかむことで、果実のような甘い香りが生れました。

阿里山や玉山、雪山などを含む海抜1,000m以上の茶園で栽培されている半球型包種茶。
産地は温度が低く、しかも終日霧に包まれているため、茶葉の色は鮮やかな緑色で、滑らかで気品のある味わい、清香などが特徴です。

南投県名間郷に産し、「埔中茶」や「松柏坑茶」とも呼ばれています。柔らかい青葉とふくゆくとした香りが特徴で、栽培から製茶まで機械化が進んでいるので、品質が安定しています。

全発酵でアッサム種に属します。南投県魚池や埔里で栽培されており、色、香り、味ともにインドやスリランカの紅茶に負けません。量が少なく、国内だけで消費されています。

「包種茶」の名は昔、福建省の茶農家が茶葉を4両ずつ包み、それをさらに長方形に包んだことから付けられました。品質は台北県文山区一帯が最もよく、茶水はうっすらとした黄緑色で香りが高く、「茶の中の美人」とも称されています。

台北市木柵と石門一帯でしか栽培されていません。製法は烏龍茶に似ていますが、最初に茶葉を焙煎するさい、布で包んで丸く揉み、さらに低温でゆっくりと乾燥させるところが異なります。芳醇で喉ごしに残る甘みが魅力です。

台北県三峡産で不発酵緑茶に属し、「海山茶」の一つにあげられています。青心柑仔の若芽を摘み、発酵を止めて揉んだため、味に苦味があります。扁平の緑茶は白亳と呼ばれる産毛が生えており、薄翠色の茶水と清新な口当たりが特徴です。

朝夕霧が濃い桃園県龍潭郷で生れた香り高い茶葉で、「龍泉の香り」とも呼ばれています。台湾省優秀包種茶大会で第一位に輝きました。

嘉義県竹崎郷石棹に産し、品種は甘みのある穏やかな口当たりの青心烏龍です。量は少ないですが、香気と芳醇な口当たり、優れた品質で人気が高いです。

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan