今や台北の主要交通機関として利用されているMRT。台北及び近郊へ東西南北を路線で結ぶ充実した都市鉄道網は自由旅行にも欠かせません。南部では高雄都市交通網としてKMRTが高速鉄道の左営駅(高雄)から高雄小港国際空港へのアクセスに便利な南北を走る紅線(レッドライン)と、東西を走る橘線(オレンジライン)が現在運行し、港湾地区を走行する軌道電車(LTR)にも接続しています。さらに、台湾最大の空の玄関口である桃園国際空港と台北や高速鉄道桃園駅を結ぶ路線として、桃園MRTも2017年3月に開業。台湾における都市交通網の役割も日進月歩高まり続けています。乗車にはICチップが搭載されたトークン(乗車専用コイン)や、旅行者には便利な一日乗車券や二日乗車券、チャージして何度でも使用可能なプリペイド式のIC乗車カード台北悠遊カード(EasyCard)や高雄 I-Passなど駅の売店などで購入可能です。

台北MRT、高雄MRT、桃園MRT、市内バス、高速バス、台湾鉄路(一部)ほか公共交通で利用できる電子マネー機能を兼ね備えた非接触型ICカード。現金を駅の専用機でチャージすることで、交通機関の乗車以外にもコンビニやスーパーマーケット、ショッピングモー
ルやドリンクチェーン店など加盟店での買い物に繰り返し利用できる旅行者にも便利な台湾2大交通電子マネーカード。

※「悠遊カード」と「一●通(I-PASS)」は相互利用が可能です。
(注)●は上部が「上」、下部が「下」を組み合わせた漢字

交通電子マネーカード

南国情緒を満喫できるノスタルジックなローカル線。二水から車站まで約30kmの車窓にはバナナ畑や枝葉が天を覆う緑のトンネル、美しい渓谷が広がります。集集駅の日本統治時代の木造駅舎、台湾最古の陶芸用の窯がある水里郊外の水里蛇窯陶芸文化園区など沿線の見どころも豊富です。

台北からのアクセス:台北駅から西部幹線で約4時間、二水駅下車(復興号/●光号)
日月潭へは水里からバスで約40分
※●は草かんむりに呂

阿里山鉄道は、標高差約2200mを踏破し、嘉義と阿里山を結ぶ全長約71kmの森林鉄道。世界三大山岳鉄道の一つに数えられ、車窓からは熱帯林、亜熱帯林、温帯林と移り変わる景観が観賞できます。

※現在修復工事のため一部の区間は運休、嘉義からの路線バス運行中及び祝山線及び神木線 は運行中です
※最新運行情報は出発前に最新情報をご確認ください。

平渓線は基隆河中流沿いを走る旅情豊かなローカル線です。東部幹線との分岐駅である三貂嶺駅から菁桐駅までの約13kmを走りますが、列車の多くは瑞芳駅が起点。車窓を流れる渓谷美をゆったりと堪能できます。ただし、運行本数は1時間に1本あるかないか。往復の発車時刻の確認は欠かせません。

平渓線路線図

平渓線一日周遊券

瑞芳一菁桐間が乗り放題のお得なフリー切符です。
※当日限り有効

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan