台湾ではバス網が非常に発達しており、台湾本島のほぼ全域をカバーしています。都市間を移動する場合は、中・長距離バスを利用することになります。街には、バス会社ごとにバスターミナルがあり、そこの窓口でチケットを購入。行き先ごとに窓口が別れ、乗車口も別れていることが多いでしょう。鉄道や飛行機に比べてチケットが安いので、移動費用を抑えたい時には最適です。
台北や高雄ほか各地では、市内バスが走っています。ただバス停が分散していたり、料金の支払い方法がまちまちだったりと使いこなすには少しコツが必要でしょう。
売店・書店で買える路線図(公車手冊)があれば便利。バス内では、車内放送がなく、両替もできないのでご注意ください。
空港などに向かう時には、リムジンバスを利用するのが便利です。主要な駅前や街中にもリムジンバス用の乗車ポイントがあり、窓口や乗車時にチケットを購入して乗車することが出来ます。

台北でのバスの乗り方

近づいてくるバスの行き先と路線番号を確認して、手を挙げてバスを止めます。運賃の支払いは、乗車時か下車時にします。運転席後ろの電光掲示板が「上車収票」ならば乗車時に、「下車収票」ならば下車時に支払います。運賃は1区間均一ですが、2区間にまたがる場合は乗車時と下車時に各代金を支払うことになります。1区間の運賃は大人15元、学生12元、子供8元です。支払いの際、お釣りは出ないので、小銭を用意しましょう。

郊外バスのご案内

台湾は長距離バス路線が充実。席も広くて乗り心地が良く、飛行機や電車の運賃と比べて割安なのが魅力的です。道路状況により遅れる場合もありますので注意が必要です。

  ・

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan