仕事の合間で立ち寄る各店で食す多様な料理をテーマに展開するドラマとして人気の深夜番組「孤独のグルメ」Season5(シリーズ5)」の4話及び5話にて、ドラマの主人公である井之頭五郎(松重豊氏)が初の海外出張として訪れる設定で台湾の台北や宜蘭を訪れ、知られざるローカルなメニューや食材が紹介されます。同番組の台湾ロケ中はいくつもの台湾メディアで報道され、注目をあつめていました。視聴可能な方はぜひご覧ください。

 東武ワールドスクエア東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)では、台湾のランドマークである超高層ビル 「台北101(台湾台北市)」を25分の1の縮尺で製作し、2015年10月4日(日)に展示オープンが行われます。新展示物の「台北101」は、基礎および展示物ベースを含め高さ「約21m」で、世界の有名建築物を集めた園内では東京スカイツリー®(約26m)に次ぐ高さとして登場します。

 台湾観光局では2015年10月1日(木)より、「ITAIWAN」(アイ・ラブ・タイワン)をメッセージとした新CMの全国放映をスタートします。今回のCMは、従来から掲げている「Time for Taiwan~思い立ったが台湾吉日!」をベースに、距離も心も近い台湾への旅を誘う演出がなされた作品として「マンゴーかき氷」編、「小籠包」編、「烏龍茶」編の15秒バージョンの新3作品で放映を予定しています。テレビコマーシャルの放映開始に先駆けて、去る9月27日より東京・渋谷スクランブルでの大型4面ビジョン(約1か月間)及び大阪・道頓堀ビジョン2面では60秒バージョンの「Special」編を放映。さらに、10月よりWEBでの配信も開始するなど「ITAIWAN」を合言葉に秋から冬に向けて緑濃く暖かい台湾への旅行を促すことを目的とした内容となっています。

めんこいTV201508岩手めんこいテレビ 2015年8月7日(金)19:00~19:57
BSフジ   2015年 8月22日(土)14:00~14:55

 今からおよそ100年前に台湾の製糖産業の品種改良、耕作・加工法の改善を指導し、世界有数の砂糖の産地へと押し上げた「台湾糖業の父」とも称される新渡戸稲造氏が残した研究所や、今では消滅しつつあるサトウキビ畑など、台湾の北から南までを縦断しながら稲造氏と台湾の深いつながりを紹介します。視聴可能な方はぜひご覧ください。
 
番組公式サイト 
 
 2015/08/04 情報:岩手めんこいテレビ/台湾観光協会東京事務所

2015JUL Media夏本番を目前に、最新のカフェやレストラン、こだわりグルメやスイーツにショッピング、各地の景勝地や体験記など、マルチな魅力あふれる台湾の最新観光情報を紹介した特集記事が各誌で続々と掲載され賑わいをみせています。
台湾夏旅のスケジューリングでご活用いただける一冊にきっと出会えることでしょう!


各掲載誌の情報

 

チャイナ エアライン(日本支社:東京都千代田区)は、現在週7便で運航しております札幌-台北線を、201571日より週14便運航へと大幅に増便いたします。 現在チャイナ エアラインでは、札幌(新千歳)と台湾を週7便の台北(桃園)線、週5便の高雄線の合計週12便で 結んでおりますが、増便後は札幌と台湾を週19便で結ぶことになります。 なお、新たに運航を開始するCI194便/CI195便は、71日~83日の間運航し、91日より再開する予定です。91日以降のスケジュールについては、改めて発表させていただきます。
◆チャイナ エアラインについて 台湾で最多の航空機及び運航路線を持つチャイナ エアラインは、1 16,000 便以上を運航するスカイチームに加盟しています。 また、日本各地 14 空港と台湾を最多の直行便で結ぶとともに、成田-ホノルル路線を毎日運航しています。

詳しい情報はChina Airlinesの公式HPをご参照ください 
情報配信:China Airlines/Marketing (Japan) 2015/0519

  日本から台湾への観光客は年間160万人を超え、台湾から日本へも約300万人もの人が訪れ、山形を訪れた外国人観光客のうち台湾人が多くを占めています。今後さらに相互の理解を促進し、友好関係を深めていくため、台湾の政府は山形県での「2015年日台観光サミット」開催にあたり、山形県民の皆様へ、台湾で活躍している女性写真家の視点から、日常生活の風習、風景等の作品を通して台湾の魅力や文化などを紹介する「光影・叙事 台湾女性写真家作品展」を開催するとともに「日台観光フォトコンテスト作品展」を同時開催いたします。
光影・叙事 台湾女性写真家作品展
A NARRATIVE OF LIGHT AND SHADOW
同時開催 日台観光フォトコンテスト作品展
日時: 2015529日(金)~67日(日)09001630
場所:山形県郷土館「文翔館」2階ギャラリー

主催:台北駐日経済文化代表処、台湾観光協会
後援:山形県、山形県日華親善協会、山形商工会議所
共催:山形新聞
情報:台北駐日経済文化代表処 2015/04/21 配信:台湾観光協会東京事務所

 大好評につき、台湾平渓線と江ノ島電鉄の乗車券交流が今年度も継続されることとなり、更なる観光交流の促進を目指して、江ノ島電鉄・神奈川県観光協会・チャイナエアライン・台湾観光協会の4者共同企画による台湾平渓線と江ノ電および両沿線の観光地を紹介した台日観光交流プロモーションビデオが制作されました。 このビデオでは日台の音楽アーティストが台湾平渓線と江ノ電沿線両線や沿線の観光地を案内し、台湾では平渓線沿線での「天燈」や有名観光地「九份」などが紹介されており、江ノ電沿線では鎌倉の寺社仏閣や江の島等、それぞれの鉄道からの風景も楽しめます。旅に行きたくなるような映像が盛りだくさん! ぜひご覧いただき、旅をしませんか?! 

江ノ島電鉄・神奈川県観光協会・チャイナエアライン・台湾観光協会コラボ共同PV

旅をしませんかバナー 

台湾平渓線と江ノ島電鉄の乗車券交流:情報サイト

情報配信:2015/04/22 江ノ島電鉄 http://www.enoden.co.jp/

 katakuraaoki

 台北は博物館のような存在だと表現する「城市散歩(Taipei Walking Tour)」は、旅人とまち歩きをしながら、忘れかけられた街角の物語や風景を呼び起こし名所旧跡をめぐりながら、そのエリアにまつわる歴史や逸話、建築、文化などを詳しく海外から訪れる人々に紹介しようと20名以上の専門家や作家など街案内のプロ集団を結成した街あるきガイドコースを台北市政府観光局協賛のもと定期的に実施し、すでに199回の個性的で特色のあるコースを催行してきました。
 2015年4月から5月には≪城市散歩Taipei Walking Tour-台北を知る20人の視点》と名づけた街あるきツアーが毎週開催されることになりました。特に注目されているのは、日本人作家の青木由香さん、片倉佳史さんがナビゲートする下町を歩く初コラボ企画となります。台湾在住10年を超え、台湾のことなら何でも知る“台湾一人観光局の青木由香”さんと“台湾特捜百貨店の片倉佳史”さんの話を聞きながら、台北は日本人にとって一体どんな魅力があるのか、学校では学べない歴史から現地の人でさえ知らない穴場まで、ガイドブックには紹介しきれないディープな台北をご案内する企画が発表されました。

  旅とグルメで、心も体も元気になれる”をコンセプトにした番組「火曜サプライズ」クリスマスSPにて台湾が紹介されます。ウエンツ瑛士とDAIGO、ふなっしーによる美味しい食べ物、人々との触れ合い、素晴らしいスポットなど、元気かつ賑やかにご案内する台湾をぜひお楽しみください。

サブカテゴリ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan