2016/04/04

20150304Bar

海芋1

台北市 竹子湖カラー(海芋)フェスティバル ・続報
2016年3月18日(金)~4月17日(日)
開催地:台北市陽明山竹子湖路
イベント公式サイト(中国語)

陽明山竹子湖にて4月17日までカラーフェスティバルが開催されています。各農園ではイソップ寓話の中の『うさぎと亀』や『狼と羊飼い』などの登場人物をモチーフにした多彩な風景もお楽しみいただけます。陽明山竹子湖の大自然の中で美しく咲く竹子湖のカラーをご堪能ください。
陽明山国家公園公式HP


Bar sub2015
追火車2新北市 2016ランニングホリデー線路リレーイベント
2016年4月17日(日) 06:30スタート
スタート・ゴール地点:雙溪高中
新北市政府観光旅遊局主催による鉄道線路上をランニングしながら旅を楽しむというユニークなイベントが催されます。コースは「貢寮駅」と「福隆駅」の駅前広場を通過し、8区間に分かれて競い合います。同大会は新北市が主催する4大旅ランニングイベントのひとつとされています。
新北市政府(観光情報)
Bar sub2015
吉拉米代文化2新北市 吉拉米代文化芸術団によるアミ族伝統舞踊と現代創作舞踊 披露公演
2016年5月20日(金)17:30~21:00  
開催場所:新北市藝文中心演藝廳(新北市板橋区莊敬路62号)
台湾原住民文化の促進発展に尽力する「吉拉米代文化芸術団」による、アミ族の伝統舞踏と現代舞踏の要素を結合した新しい概念の創作舞踏の公演が催されます。無料の観賞券は5月1日より新北市藝文中心インフォメーションセンターにて配布を開始します。台湾原住民の新文化芸術をご鑑賞ください。
吉拉米代文化芸術団 (中国語)
Bar sub2015
台中市 2016台中子供アートフェスティバル
2016年4月2日(土)~5月22日(日) 
イベント公式サイト(中国語)
開催場所:台中市内 圓滿戶外劇場 大墩文化中心  葫蘆墩文化中心 港区藝術中心ほか合計21会場
4/2~5/22まで台中市内の21ヶ所の会場にて台中市政府文化局主催による29プログラムの演劇パフォーマンスイベント。国内の有名劇団はもとより、日本からも著名な「動物楽団」を招いて視覚と聴覚で観賞するユニークなプログラムをお楽しみいただけます。鑑賞無料
Bar sub2015
高雄市 2016高雄賞
2016年3月19日(土) ~5月28日(土) 月曜休館
開催場所:高雄市立美術館
高雄市政府文化局主催による優れた芸術作品に贈られる「高雄賞」の優秀作品展。今回は12年ぶりに書道作品が高雄賞を受賞しました。応募作品590点の中より選ばれた芸術性に優れた作品の数々を是非ご観覧いただけます。入館無料
高雄市立美術館
Bar sub2015
pingtung0404屏東県 2016屏東彩稲生活節(田んぼアート芸術祭)
2016年4月1日(金)~5月8日(日)
開催地:恒春鎮龍水里
イベント告知サイト (中国語) 
昨年は、66万人の参観者が訪れ好評を博し得た「彩稲芸術節(田んぼアート芸術祭)」(同県南州郷にて開催)が今年は会場を移して屏東県恒春鎮龍水里にて開催します。
テーマを取り入れて設計する立体図案田んぼアートは、恒春半島が持つ魅力的な熱帯の景観と当地の文化の特色を結合したもので、昨年はLINEキャラクターの採用が話題を呼びましたが、今年はエバー航空と長栄海運と提携した田んぼアートが展開されます。38日間開催される彩稲生活節は、田んぼアート区以外に「稲浪星空露営区(キャンプ場)」での星空観賞、「稲草地景区」では稲田と芸術創作を結合して作ったフォトスポット、「稲田楽園区」での田植え体験、「屏東好市集」(フリーマーケット)、「稲田食堂」(ご当地グルメ)など楽しいプログラムが用意されています。
屏東観光旅遊ネット(屏東県政府)
Bar sub2015
kagiart0329嘉義県 特選展 「山林原夢」
2016年3月18日(金)~5月22日(日) 09:30~12:30、13:00~17:00 月曜・火曜休館
開催場所:嘉義縣文化集会所「願景館」(嘉義縣太保市故宮大道886号)
イベント告知サイト(中国語)
原住民鄒族の不舞・阿古亜那氏による嘉義の山間部に居住する原住民・鄒族(ツォウ族)の代表的な儀式「瑪雅斯比祭儀mayasvi」をテーマにした創作作品展。儀式で用いられる伝統的な鄒族の色彩豊かな服装や厳かに行われる儀式など荘厳な歌と踊りによりインスパアやされた作品の数々をご観賞ください。入場無料
嘉義県政府観光情報 嘉義探索
Bar sub2015
宜蘭県 台湾戯劇館 週末劇場
2016年4月~6月 第二、第四土曜日 ①15:00~ ②16:00~
場所:台湾戯劇館3F 宜蘭縣宜蘭市復興路二段101号
台湾伝統芸能のひとつ「台湾オペラ」は20世紀初頭に宜蘭で誕生しました。宜蘭県政府文化局ある4月から6月までの第二、第四土曜日の15:00と16:00からの1日2回、伝統文化である台湾オペラ(歌仔戲)のパフォーマンスや発声方法などを教える教室を開催するとともに、歌仔戲のショートストーリー演出の披露もあります。参加無料
東北角&宜蘭海岸国家風景区 観光情報 
Bar sub2015
penfufireworks2016澎湖県 2016澎湖国際海上花火フェスティバル
2016年4月18日~6月23日 毎週 月曜日・木曜日 20:00~22:00
開催場所:観音亭海浜公園
澎湖国家風景区公式HP 
恒例の澎湖海上花火フェスティバルが今年も約2か月間(毎週月曜・木曜)開催されます。2003年に開催がスタートして13年目を迎え、いまでは澎湖の風物詩となり人気を集めているフ花火フェス開催中にはマラソン大会や野外ライブなど様々なイベントが企画されるなど、澎湖のレジャーシーズンの幕開けを華やかに演出します。
Bar sub2015
連江縣政府連江県 馬祖国家風景区 北海坑道「藍眼涙(青い涙)」夜間観賞プログラム
2016年4月1日~10月31日
時間:18:00~21:00(毎日6回運航 受付人数48名/回 約20分)
連江県 馬祖国家風景区公式HP
馬祖地区に築かれた多くの「地下埠頭」を代表する北海坑道は、岩壁をくりぬいた全長18メートル、幅10メートル、長さ640メートルの「井」の字の形に交差した水路で、干潮時に坑道に専用ボートで進入することができる同県で必見の観光スポットのひとつ。

馬祖沿岸には春から夏の時期に大量に現れる夜光虫が発生し、一帯を青く輝かせる光景が幻想的で「藍眼涙(青い涙)」と呼び人気を博していますが、北海坑道内部でも観賞できる「藍眼涙(青い涙)」を小型ボートで巡る夜間プログラムを今年も期間限定で実施します。
乗船受付は完全予約制(参加条件あり)、1日6回運航
運航時間: 18:00、18:30、19:00、19:30、20:00、20:30 (1回の運航につき定員48名)
参加費:300台湾ドル 所要時間:約30分
20150304Bar
配信:台湾観光局/台湾観光協会  *上記は2016/04/04現在の情報です。実施に向けて記載情報や条件が更新・修正されることがあります。更新情報は掲載サイト及び関連機関にてご照会ください

 

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan