2016年12月11日、桃園国際空港で2016年の年間1000万人目の外国人旅客をお迎えした。幸運な節目入国者となったのは、チャイナエアライン187便で釜山から搭乗して台湾の桃園国際空港に21:30に到着した韓国籍の韓成恩(HAN SEONGEUN/MS)さん。台湾観光局の周永暉観光局長は関係者等と共に1000万人目の節目入国者を歓迎するために、到着ロビーにて祝賀セレモニーを準備して待機していた。 台湾到着日(12月11日)の午前に釜山で挙式を終えた同日午後にハネムーン旅行先としてはじめて台湾を訪れたという韓さんには、台湾航空券、宿泊券、各種交通券、台湾特産品などが贈呈された。

 昨年(2015年)は、12月20日に1000万人目が誕生したが、今年は9日早く達成することができた。台湾では日本を含む東北アジアや東南アジアにおける観光促進を強化してきた効果が顕著で、教育旅行は1月から11月まで前年比19%増の399校、報奨旅行は5.3%増の296団体、ムスリム旅客市場は5.7%増と成果をあげてきた。2年前まで全体の40%を占めていた中国大陸からの旅客市場は今年6月以降大きく減少、10月には前年比44.30%のマイナス成長を記録し全体の30%のシェアと後退したが、ほかの70%を占める旅客市場となる日本及び韓国が27%、東南アジア・南アジアが17%、香港マカオが15%、欧米及びオセアニアが11%と、多方面に向けた観光誘致に注力しシェアを広げ、このたびの1000万人節目入国早期達成の成果をあげることができた。

2015-2016年月間訪台旅客統計(日本旅客) PDF

2016/12/11 台湾観光局
台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan