台湾のマネーロンダリング防止法「洗錢防制法」が一部改定となり、2017年6月28日より施行されます。施行後は、現行の申告規定のほかに、出入国者が現金10万台湾元または総額1万米ドル以上の金塊(従来の規定は2万米ドル相当)、マネーロンダリングに利用される恐れのある品物を携帯する場合にも、税関に申告し、尚且つ主管機関にも事前に申請する必要があります。また同時に、申告義務の対象が貨物輸送、国際宅配便、国際郵送品などの輸送まで拡大されます。

 現行の申告規定は、旅客が出入国する際、総額1万米ドル相当以上の外貨(現金)または額面総額1万米ドル相当以上の有価証券を携帯している場合、入国者は、「中華民国海関申報単」(中華民国税関申告表)および「旅客或随交通工具服務之人員携帯外幣、人民幣、新台幣或有価証券入出境登記表」(旅客または客室乗務員が外貨、人民元、台湾元または有価証券を持ち出す際の出入国登録表)に記入して税関に申告する必要があります。出国者は、搭乗前に税関カウンターで「旅客或随交通工具服務之人員携帯外幣、人民幣、新台幣或有価証券入出境登記表」に記入し申告しなければなりません。通関検査で、無申告や事実と異なることが見つかった場合には、没収または罰金が科せられます。

詳細についてはPDFファイルをご参照ください。

情報:中華民國法務部/台北経済文化代表處公式サイト 配信:台湾観光協会東京事務所 20170627

台湾観光ファンクラブ

台湾観光ファンクラブ

台湾観光局
Facebook
台湾見っけ!

台湾見っけ!

台湾観光協会大阪事務所
Facebook
台湾に行きたいわん

台湾に行きたいわん

「台湾観光月刊」ファンクラブ
Facebook
電子書籍館

電子書籍館

台湾観光局

bnr side2 taiwan