Instamprallyインスタグラマーが紹介する台湾の色巡り旅

北部とは・・・・・

台湾の首都・台北(タイペイ)がある、旅のマスト・エリア。
台北では、最先端のトレンドと歴史ある街並みが溶けあい、グルメもお買い物も
よくばりに楽しめます。
幻想的な「九份(ジウフェン)」や異国情緒溢れる港町「淡水(ダンシュイ)」もある、台湾デビューにぴったりのエリアです。

車窓からノスタルジックな風景が楽しめることで人気の平渓線。
その「十分(シーフェン)駅」から、“台湾のナイアガラ”と呼ばれる人気の滝を目指しました。
山の景色を楽しみながら歩くこと約15分。
線路と平行してかけられた大きな吊り橋をユラユラと渡り、面白いオブジェが点在する公園の中へ。展望台に出ると、ありました!

ゴウゴウと激しい音を立てて流れ落ちる「十分瀑布(シーフェン ブーブー)」です!半円形の淵のダイナミックな姿は、まさに小さなナイアガラ。
水の流れに逆らうようにできた岩肌からは水の粒子が舞い上がり、お天気がいい日には滝のまわりにキラキラと虹がかかります。

より低い位置から滝を眺められる二つ目の展望台では、白い大激流から生まれる翡翠のような清流の静けさに心を鷲づかまれて。
神秘的な光景を持ち帰ろうと、夢中で
シャッターを切りました。

この滝、台湾のナイアガラとも呼ばれているだって!!(゜゜)
これは上から撮った写真だけど、正面からみる景色も壮大で感動した…♪マイナスイオンをたくさん浴びてきたよw

#十份瀑布#meetcolorstaiwan#meetcolors台湾
#台湾公認インスタグラマー#green


イエローボディの電車がカワイイ平渓線。
その停車駅の一つ「平渓(ピンシー)駅」には“ナニコレ珍百景”もびっくりのクレイジーな場所があると聞きつけ、噂のカフェ「街角28(ピンシー ジェイジャオ アルゥスバァ)」を訪れました。

一階のカウンターで、チキンの洋風料理とドリンクを注文して、半テラスになった二階へ。線路に面した窓際の席に座ると、やがて遠くからコトコトと音がして……ゴオッ!イエローの車両が窓のすぐそばを駆け抜けていきました! そう、ここは“台湾で最も鉄道に近いカフェ”だったのです。電車の音が聞こえるたびに「キター!」とザワめく店内。

みんなでワクワクできるのが楽しくて、追加ではちみつたっぷりのワッフルまで頼んじゃいました。お店のそばでは天燈(ランタン)上げも楽しめることから、ランチタイムは平日でも大賑わい。スペシャル席をゲットするなら早めの 訪問がオススメです。

実際にこの村で生活されている方もいるという不思議な空間。 いろんなアートがあったんだけど、私はこのレトロなポストがお気に入り♡

中部とは・・・・・

一年を通じて暖かい気候にめぐまれ、心ときめく絶景が集まるエリア。
古き良き街並みやアート&カルチャーが楽しめるスポットです。
豊富な自然もみどころで、山々に囲まれた神秘的な湖・日月潭(ズーユエタン)は 必見!

訪れた人が口をそろえて「また行きたい!」と夢見る湖、それが「日月潭(リーユエタン)」。台湾のおへその位置にある、台湾一大きくて最も美しいといわれる天然湖です。
ここを訪れたら絶対にハズせないのが、遊覧船でいく湖上クルーズ。場所によって、はたまた光の加減によって、くるくると色を変える水面にびっくり。

ターコイズブルーにエメラルドグリーン、ラピスラズリの深い青。宝石のような輝きに息をのみます。
サオ族が暮らす民族色豊かなエリアに上陸して名産の紅茶を飲み歩くのも楽しいし、ロープウェイに乗ってダンスや音楽といった原住民カルチャーが体験できるテーマパークを冒険するのも素敵。湖畔を巡るサイクリングも人気だそう。夜明けの湖には朝霧がかかり、淡い紫からピンクの絶景が現れるというから、
一泊しちゃうのもオススメです。

ここは「日月潭」っていう、台湾で最も大きい湖なんだ! 青やエメラルドグリーンに光る湖が本当にとっても綺麗だった! これは朝早く行ったときの写真なんだけど、夕日と一緒に見る景色もまた格別だったから是非どちらも見てみてほしいな(^^)

#日月潭#meetcolorstaiwan#meetcolors台湾
#台湾公認インスタグラマー#blue#emeraldgreen


死ぬまでに一度は見たい奇跡の絶景として知られるボリビアのウユニ塩湖。実はこの台湾で“アジアのウユニ”と称されるのが、ここ。自然豊かな台中にある広々とした「高美濕地(ガオメイシーディ)」です。 ただし、絶景が現れるのは、
天気がよくて、水があって、風がしんと静まったときだけ。

運を天にまかせて、干潟の上に渡された木道の上を歩いてみることにしました。道の両サイドには、かわいいムツゴロウや小さなカニ、渡り鳥。さすがは湿地、生き物の宝庫です。木道の先まで行けば、実際に水中に降りることもできます。

さて、台湾ウユニが最も輝くのは夕日の時間!黄から赤、紫、青へと変化する幻想的なグラデーションに世界のすべてが染まります。たとえ絶景が見られなくても、この魔法の色に出逢えるからやめられません。夢中になる旅人が絶えないのもうなずけちゃう、素敵な小悪魔スポットです。

リラックスに美肌に浄化、多くの効能を持つことで知られる“ハーブの女王”ラベンダー。自然豊かな台中の山中で、ラベンダーまみれになれちゃう夢のようなスポットを見つけました。その名も「薫衣草森林(シュンイーツァオ一センリン)」、日本語でいうラベンダー森林です。

園内の入り口ではラベンダーミストで迎えられ、癒しのアロマに早くもうっとり。広々とした芝生を横切り、華やかなパープルが揺れるラベンダー畑に到着。

園内のカフェでは、ハーブを使った本格料理やフルーツたっぷりのドリンクなど、インナービューティに効きそうなメニューがずらり。ショップには愛しのラベンダーをはじめ、さまざまなハーブのコスメやお茶、ライフスタイル雑貨が並びます。植物の香りとパワーに包まれて過ごす心地よさは、体感するとやみつきに。憧れのオーガニックライフをはじめるきっかけにもなりそうです。

ラベンダーは開花し始めでたくさんはなかったんだけど、紫の空間がとても素敵だった!そしてなんといってもおすすめは私が手に持っている「ラベンダーアイス」紫色のアイスだよ♡ ラベンダーの味がしっかりするの!初めて食べたけどとっても美味しかった♡

#薫衣草森林#meetcolorstaiwan#meetcolors台湾
#台湾公認インスタグラマー#purple


写真撮るのが大好きな台湾女子、台中に行ったら必ずココにくるみたい! そしてこのアートをたったひとりで描いたのはなんと”黄じいさん”とよばれる91歳のおじいさん!(゜o゜)とっても気さくな方で一緒に写真も撮ってくれたの♪

南部とは・・・・・

トロピカルな海が印象的な台湾南部の中心地は高雄(カオション)。
日本で言えば大阪にあたる台湾第二の都市で、港町のエネルギッシュな空気が楽しめるエリアです。一方、かつては古都として栄えた台南(タイナン)も、
ノスタルジーに満ちた古き良き街並みと美食で大人気です。

昔から結婚写真を撮るカルチャーがある台湾。その撮影スポットとして、新婚カップルに人気急上昇中のスポットがココ。港町・高雄の旗津海岸公園にある「彩虹教堂(ツァイホンジャオタン)」です。
青空に浮かびあがるレインボーカラーのモニュメントは、とってもフォトジェニック。足元には、澄んだ光をたたえたプールの水がなみなみと。水上を白い通路が伸びる様子は、さながら教会のバージンロード♡

花嫁気分で歩いてみると、虹色のモニュメントの向こうには、どこまでも広がる青い海!たくさんの愛を見守ってきた教堂では、この日も幸せオーラ満開の新婚カップルが結婚写真を撮影中でした。恋人と来るのはもちろん、女友達と訪れるのも楽しそうなこのハッピースポット、ぜひカメラを片手に素敵な一枚を撮りにきて。
夕暮れ時もオススメですよ。

はるかな高雄の港町を一望できる人気の展望台
「壽山観景台(ショウシャンクヮンチンタイ)」は、地元っこの間ではデートを締めくくる素敵な夜景スポットとしてもおなじみの場所。

実際に展望台に上がってみると、眼下にはキラキラと輝く星を散りばめたようなゴールドの渦!
遠くには百貨店の観覧車や高雄85ビルといった高雄のシンボルも浮かびあがって、息をのむほどロマンチック。そうそう、台湾で“LOVE”オブジェといえば台北101ビルが有名ですが、実はここでも出会えちゃいます。

夜はライトアップされてムードたっぷり。しかも、Lの文字の横からぴょこんと飛び出た突起にささやくとEの突起から聞けちゃう「LOVE伝声筒(糸電話)」なのです。愛の展望台で光の絶景とアートを楽しみましょ♡

とっても綺麗だった台湾のデートスポット「壽山観景台」 ここでウェディングフォトを撮ってるカップルもいたくらい、地元の人にも人気の夜景スポットなんだよ~っ♡ ここは本当におすすめ!

#壽山観景台#LOVE#datespot
#meetcolorstaiwan#meetcolors台湾
#台湾公認インスタグラマー#gold


「嘉義」というところにあるガラスの教会。世界最大のハイヒール型構造の建築物として、ギネス記録として認定されたそうだよ!なんだかシンデレラの靴みたいだよね…♪今回はお昼に行ったけど、夜はライトアップされるみたいだよ♡教会の中もとっても綺麗だったから是非行ってみてほしいな!

東部とは・・・・・

海と山に囲まれる台湾東部の花蓮県の台東県!
豊かな大自然が広がり観光拠点もたくさんある。
鉄道の旅を楽しみたい方におすすめ★

台東県太麻里郷の山間部はお花見のスポットです。
每年の8~10月はユリ科の植物・ワスレグサ(忘れ草)の見ごろ時期だそうです!

ここの景色は台湾八景の一つらしいです!写真のように、一面は延々と続く断崖絶壁、一面は太平洋の絶景です。
特に日の出と日の入の景色が美しくて有名らしいです!

台湾国内でも人気の観光スポット「鹿野高台」。
毎年6月末~9月末に台東県政府により熱気球フェスティバルが開催され、世界各国からのパイロットさんと観客が集まり、活気に溢れるイベントです。

離島とは・・・・・

台湾には魅力ある離島がたくさん存在しています。 澎湖県・金門県・馬祖(連江県)・綠島(台東県)蘭嶼(台東県)を分けられています。 異なる文化や習俗が残る台湾を味わいしましょう!

台湾の離島の馬公から更にフェリーで1時間半
離島七美のダブルハートを見てきました♥♥
ここにたどり着くまでの道のりがとても長くて長くていろんな方の力をかりて無事にたどり着くことができました。
見に行かれる場合は、事前に引き潮の時間を確認したほうが良いみたい!完全なハート形の石滬を見ることができます。

澎湖の七美島にある南嶼城は昔のときに外来からの侵略を防ぐために設けられた防衛施設だそう。お城はすべて玄武岩を積み重ねてできたもので、アーチ型の城門が昔懐かしい雰囲気♪夕暮れ時、日の光が差し込み、ロマンチックな風情に包まれる。

一生に一度は目にしたい秘境「青の涙」。こういう自然現象は毎年4月から10月までが鑑賞できるシーズンと言われています。
馬祖に訪れたら、ぜひ見に行ってみてね!

台東県の離島「蘭嶼」は火山島です。先住民のタオ族の文化があふれるて、台湾本島と雰囲気が違って、魅力のあるところ★

Image