ディスカバー台湾通信 Vol. 26

ディスカバー台湾通信 Vol. 26

「台湾美食展」公式ポスター

専門家が登壇する「美食講座」

会場を盛り上げるゆるキャラ

盛況だった2019年の会場の様子

台湾美食展 3年ぶりに開催決定! 

「2022台湾美食展」が8月5日から8日まで台北世貿展覧館一館で開催されます。3年ぶりとなる今年の「2022台湾美食展」では「伝統行事」をテーマとして、台湾の美食、土地、文化、人びとの日常風景をベースに、5大展示エリア「美膳台湾」「探索厨芸」「美味食光」「土地台湾」「異国美食」を展開し、広く台湾の美食の「今」を取り上げます。さらに今年は、「美食講座」「大厨師芸秀」「美食拍拍」「芸鳴驚人」などの特別展示エリアと体験イベントがより充実。「美食講座」では、台・日・韓の伝統行事の美食の文化的特色、低炭素化が広がる未来の食のトレンドにスポットを当てます。また、有名シェフによるクッキングショーのほか、世界的シェフが食品で作り上げた「食品彫刻(カービング)」作品の展示などで、新たな魅力にあふれる美食展をお届けします。

台湾美食展 2022/08/05~08
https://www.tcetva.tw


(画像提供/新竹市文化局)

新竹州警務部部長官舍 古跡が文化複合施設に変身

このたび新竹市で新たな文化複合施設「新竹州警務部部長官舎」の営業が始まりました。和風建築の建物は1917年から1921年ごろに建設された警察の高官官舎。庭には日本統治時代から建物を見守ってきた樹齢100年を超えるといわれるアカギの樹が佇み、和の建物と美しく調和しています。建物は飲食店と展示スペースを備えた文化複合施設として利用されています。レストランでは新竹の食材を使った料理を提供し、展示スペースでは新竹の歴史や文化を紹介する展示を行っています。現在、8月28日まで新竹の街の空撮写真を展示する特別展を開催中。

新竹州警務部部長官舍 新竹市東区中央路132号
特別展「飛行新竹市─潘國正空中散歩攝影展」 2022/05/24~08/28


特別展「アジアの地獄と幽霊」に登場するキョンシーたち(画像提供/ケ・ブランリ美術館)

台南市美術館2館 モダンアートの殿堂

台南旅行で必ず訪れたいのが、2019年に開館した台南を代表するアートの発信地「台南市美術館2館」。五角形が幾重にも重なる白亜のモダン建築は日本人建築家・坂茂氏の設計で、台南市の樹である鳳凰木の花がモチーフとなっています。個性的な展覧会が開催されることでも知られており、現在はフランス・パリのケ・ブランリ美術館との共催で特別展「亞洲的地獄與幽魂(アジアの地獄と幽霊)」が開催されています。お馴染みのキョンシーをはじめ、日本やアジアのお化けが勢ぞろいする展覧会は夏休みにぴったりと、連日多くの参観者で賑わっています。

台南市美術館2館 台南市中西区忠義路二段1号 https://www.tnam.museum/
特別展「亞洲的地獄與幽魂」 2022/06/25~10/16

 

※この展覧会にはオカルト的な内容が含まれているため、参観についてはご自身でご判断ください。また、12歳以下のお子様は付き添いの方とご入場ください。


草本茶 夏の身体を整える
台湾ハーブティー

台湾では「薬膳」の考え方が生活に広く浸透しています。身体の火照りやむくみなど、ちょっとした不調を感じたときには、「草本茶」や「青草茶」と呼ばれるハーブティーを飲んで体調を整える習慣があります。伝統的なハーブティーは、伝統市場や屋台で売られており、乾燥した薬草を購入して自宅で煮だす人もいます。近年はお洒落なカフェやドリンクスタンド風のハーブティーショップも登場しており、若い人にもより身近なものになっています。夏は美味しくて健康にも良い「台湾ハーブティー」で、乾いた身体を整えてみませんか?

青草茶:仙草、咸豊草、薄荷などをブレンドした、熱を冷ます「涼」のお茶

夏桑菊花:夏枯草、桑葉、菊花の自然な甘みがある「涼」のお茶

冰釀洛神茶:夏バテの身体にうれしい、甘酸っぱいローゼルティー

百年仙草凍飲:暑気あたりに効用がある仙草茶に仙草ゼリーをプラスした爽やかドリンク

玫瑰愛麗絲:ローズティーの香りが華やかなタピオカミルクティー


栄養三明治

刈包

粉粿のかき氷

芋香卷心蛋糕
(画像提供/香帥蛋糕)

これから流行る台湾グルメはコレだ!?

日本ではここ数年、「台湾グルメ&スイーツ」のブームが続いています。「魯肉飯」「タピオカミルクティー」「台湾カステラ」など、すでに日本でも定番化しているものも少なくありません。台湾ではこのほかにも、豚の角煮を肉まんの皮で挟んだ「刈包」、揚げパンにトマトやキュウリ、甘いマヨネーズなどをサンドした「栄養三明治」、わらび餅のようなぷるぷるデザート「粉粿」、タロイモのロールケーキ「芋香卷心蛋糕」など、まだまだ数多くの美味しいグルメがスタンバイしています。次に日本で流行るのは、このどれかかも知れませんね!


初心者OK! ハイキングコース(新北市編)
金瓜石 報時山歩道

新北市金瓜石の「報時山歩道」は全長わずか166m。海抜260mの「報時山」の名前は、かつて一定の間隔で鳴らされていた警報器に由来するといわれています。バス停そばの駐車場から階段を登って行くと、万里の長城のような歩道が目の前の尾根に続いています。展望台からは、基隆山、無耳茶壺山、陰陽海、十三層遺跡、金水公路などの有名スポットが一望できます。短距離で歩きやく、手軽にアクセスできる絶景スポットです。

新北市瑞芳区金瓜石銅山里祈堂路
駐車場の歩道入口から展望台まで往復徒歩約15分
MRT忠孝復興駅から1062バスで「勧済堂」下車


新店 銀河洞歩道

「銀河洞歩道」は、新北市新店の「銀河洞」から台北市のお茶どころ「猫空」を結ぶ自然歩道。市街地からほど近い位置にありながら、沿道に山奥の神秘的な滝と祠、遺跡風カフェ、茶園などが続く、SNS映え間違いなしの秘境スポットです。最大の見どころ「銀河洞」は、翡翠色の山から空に向かって流れ落ちる滝と小さな祠の組み合わせが神秘的。猫空から山を下ることもできるので、ハイキングの前後に猫空に立ち寄るのもおすすめです。

烏来瀑布新北市新店区銀河路
所要時間:登山口から銀河洞まで片道徒歩15-20分
MRT新店駅から緑12バスで「銀河洞」下車、登山口まで徒歩約20分

台湾観光局では最新のキャンペーンやイベント情報を
ホームページでご紹介しています。

https://jp.taiwan.net.tw/

 

観光に関するお問い合わせ‍


台湾観光局・台湾観光協会

東京事務所 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-8 川手ビル3F TEL 03-3501-3591

大阪事務所 〒530-0047 大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル6F TEL 06-6316-7491‍

※上記は2022年 8月 13日現在の情報です。掲載にあたり記載情報や条件が変更されることがあります。更新情報の確認などにつきましては掲載サイト及び関連機関にてご照会ください。

※本メールは、配信専用のアドレスとなっております。ご返信頂いても、返信内容の確認およびご返答ができません。あらかじめご了承ください。


配信希望 | 配信停止

Copyright 2020 台湾観光局/台湾観光協会 All Right Reserved.